指揮者・河上隆介
河上 隆介 [Kawakami Ryusuke]

東京に生まれる。
成城大学法学部を卒業後、サラリーマンを経て、東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。

これまでに指揮を小林研一郎、広上淳一、汐澤安彦、三河正典、時任康文、
チェロを三森未來子、八十嶋龍三、大森充、ピアノを地脇信行、山城浩一、
音楽理論を久田典子の各氏に師事。
また、在学中モーシェ・アツモン、尾高忠明両氏の公開レッスンを受講。

2013年8月と9月には、仙台フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会「マイタウンコンサート」を指揮、この演奏会がプロフェッショナル・オーケストラとの初共演となった。

2013年3月及び2014年3月に行われた「第29回・第30回トヨタ青少年オーケストラキャンプ」では、広上淳一氏のアシスタントを務めた。
2014年5月には、サンアゼリアフィルハーモニカ「和光市音楽鑑賞会」を指揮。
同オーケストラのアウトリーチ活動にも関わっている。

現在、Seven★Star Orchestra、オーケストラパレゾン、福島県立医科大学管弦楽団、早稲田大学弦楽合奏団律ゾリステン、学習院ジュニア・オーケストラほか、
各地のアマチュア・オーケストラの指揮と指導に情熱を注いでいる。

サンアゼリアフィルハーモニカ・アシスタントコンダクター、
東京音楽大学・指揮科研究員。